過去プロジェクトのご紹介⑧

株式会社タイトルの画像

【課題】

同社は環境ビジネスに関わる事業を幅広く展開しており、廃棄物や資源に関わる社会的課題の解決をミッションとしている。持続可能社会の実現を目指す活動の一環として持続可能経済研究所(持続研)を設立したが、複雑で専門的な各事業の特性から、その活動の意義性や有用性を顧客に正しく伝えることが難しく、認知拡大および営業展開の上で課題を抱えていた。

【施策内容】

弊社によるETIC.の実績を評価された、熊野様(代表取締役)からの直接の依頼として、持続研の全面的なブランディングを展開。活動の目的や意義性を顧客に正しく伝えるため、情報発信に必要なデータを集約、分析し、根底から再構築した。顧客分析をもとに、
理念の言語化、発信メッセージ最適化、CI・VI 計画、名刺・パンフレットなど営業ツールの効果最大化など、多面的な施策を実施。

【成果】

同社が何をやってきて、これから何を実現していくのか、事業価値がより明快に伝わるようになり、受託率がアップした。一方、理念やミッションを具体化し、顧客に響くメッセージにしたことで、支持者、支援者が急増し、バックサポート体制も整った上に、口コミの評価によりメディア取材が増加し、認知拡大が促された。