過去プロジェクトのご紹介⑦

【課題】

同社は企業のメンタルヘルス面に関わる諸問題を解決する「産業医」としてのソリューションを主力事業にしていたが、「産業医」という職種そのものが一般的ではなく、事業の拡大がままならず、課題を抱えていた。

【施策内容】

認知拡大をはかるために、社名に“屋号”を付与し、サービス内容をすぐに想起させるものに。同時に理念全体の見直し、CI・VI計画、パンフレットの最適化、ウェブサイトの改修など、全面的なリブランディング施策を実施した。

【成果】

複合的な施策の結果、それまで伝わらなかった「産業医」の職種が理解されるようになり、顧客メリットに対応したサービスメニューも明快になり、営業時の成約率が飛躍。また、企業イメージの改善により、好感度、信頼性が増し、受託が劇的に増えていった。

施策① ロゴタイプ開発・イメージの最適化(VI計画)

実社名では、サービス内容を想起出来ないため、社内ブランドとして屋号(MEDI mental)を付与。ロゴタイプも新たに開発した。一方で組織の顔とも言える経営者様の
人柄を引き出す印象的なビジュアルイメージに。企業全体のCI・VI計画も整え、スタイリッシュなブランドイメージを確立。

施策② 営業ツールの開発

理念、コンセプトの変更にともない、営業用パンフレットや名刺など、多種多様なビジネスツールも全面改修。サービスの特徴や顧客メリットが直に伝わるツールの導入により、営業でのクロージングが
容易となった。