過去プロジェクトのご紹介 ③

【課題】

同財団はソーシャルイノベーションの実現を掲げており、財源の活用先として、
生活支援に留まらない斬新な着想を求めている。特に雇用創出や産業振興につながる事業を創出することが、設立以来の大きな課題であった。

【施策内容】

障害者からビジネスプランを募集し、そこから社会参入、自立への支援をするプロジェクトである「ユニバーサルベンチャー」を設立。数回にわたりビジネスプランコンテストを開催
するとともに、障害者支援のためのビジネスセミナーや相談会なども実施した。

【成果】

障害者の支援とともに、雇用創出、産業振興につながる新しい活動として、次代につながる
ひとつの重要なモデルケースを生み出した。また、アジア各国からも応募が多数あり、国際的な反響の大きさから本事業のポテンシャルを確認できた。